炭水化物ダイエットでリバウンドなしダイエット!

「炭水化物ダイエット」と聞くと、なんだかハードなダイエットだというイメージを持ってしまいがちですよね。

 

ごはんやパンなど、炭水化物を一切食べない、ハードなダイエットが思い浮かびます。

 

お腹にたまる炭水化物を一切食べられないから、食べたい気持ちをガマンするのがすごく大変そう。

 

しかも、そのあとドカ食いしてリバウンドを招いてしまいそうです。

 

しかし、心配はありません。

 

ここでご紹介する炭水化物ダイエットは、ルールさえ守れば、炭水化物を食べてもいいのです。

 

たくさん食べられて、しかもリバウンド知らずのダイエットができます。

 

2週間だけの短期間ダイエットなので、ものの試しでトライしてみてはいかがでしょうか?

 

 

炭水化物ダイエットは、とてもシンプルなダイエット方法です。

 

ルールを守って、3食食べるだけでやせられます。

 

 

炭水化物ダイエットで大切なのは、メニューどおりの食事をすることです。

 

ダイエット中に間食は食べられません。

 

そのかわり、3食きっちり、食べられますよ。

 

炭水化物ダイエットの朝食は、和食と洋食から選びましょう。

 

昼食は、主食の量さえ守れば、自由に食べてオーケーです。

 

夜は、メインのおかずに副菜と、ごはん100gを食べます。

 

ごはん、食べていいんですよ。

 

夕食なのに、炭水化物ダイエットなのに、ご飯を食べていいのです。

 

これは、できそうな気がしてきたのではないでしょうか?

 

 

 

炭水化物ダイエットのルール①

主食の炭水化物は朝昼夜で決まった量を食べる

 

主食の炭水化物は、朝昼夜の3回の食事で、決まった量を食べましょう。

 

炭水化物ダイエットですから、食べ過ぎはいけません。

 

「ここまでなら食べてもオーケー」というラインをキープすることが大切です。

 

1回の食事で食べても大丈夫な炭水化物の量は、次の通りです。

 

★米・・・100g(おにぎり小1個分)

固めに炊いたご飯にしましょう。

 

★パン・・・6枚切り食パン1切れ

パンに何もつけないで食べます。

 

 

炭水化物を完全に抜く食事というのは、栄養的には良くありません。

 

まったく食べないのではなく、少なめの量のごはんか、食パンを3食食べるようにしましょう。

 

パスタやラーメンも炭水化物ですが、これらの炭水化物は具が高カロリーになってしまうので、今回の炭水化物ダイエットでは使いません。

 

 

炭水化物ダイエットのルール②

間食はせず、夜20時以降は食べない

 

3食きちんと食べる代わりに、間食はしません。

 

代謝が落ちやすい夜は、夕食を早めに食べるようにしましょう。

 

 

炭水化物ダイエットのルール③

食べてはいけない炭水化物は避ける

 

主食はほとんどが炭水化物です。

 

白いご飯となにもつけない食パン以外は、食べないようにしましょう。

 

ラーメン、パスタ、チャーハン、オムライス、そば、うどんは食べないようにします。

 

 

砂糖も炭水化物です。

 

クッキー、チョコ、ケーキ、ドーナツは食べません。

 

スナック菓子も、もちろんNGです。

 

コーンスナック、せんべい、ポテトチップス、コーンチップスは食べません。

 

イモ類やコーンにも炭水化物を含みます。

 

全く食べてはいけないというわけではありませんが、なるべく控えたいです。

こんな記事もよく見られています: